西田“DRAGON”竜一 AHEADトークショー

2022年04月17日 20:00

「ドラムガレージ1周年記念・スペシャルイベント!!」

西田“DRAGON”竜一 AHEADトークショー
            With デモ演アリ〼!!
5月21日(土) OPEN 18:30~ START 19:00~ 
セラクドラムガレージ特設ステージ

※お問い合わせ等はセラクドラムガレージまでお願いします。
 TEL:06-6541-1223(11:00am ~7:00pm) 
Mail:s.drumgarage@gmail.com

参加条件

AHEAD 西田“DRAGON”竜一モデルスティックお買い上げで優先入場いただけます。 ※限定人数に達し次第終了とさせていただきます。
OPEN 18:30(優先入場) 18:45(一般観覧者入場) 19:00 START
※当日の飛び入りでの参加は出来ません。必ず参加のご予約をお願いいたします。

michiaki(TENSOW)、PATA(X Japan)率いるRa:INやSHARA(EARTHSHAKER)を中心に結成されたPUNISH
そして“史上最強の助っ人ドラマー”としてLOUDNESSのサポートでもおなじみの西田“DRAGON”竜一氏のイベントが決定しました!!

当日は生音で聴けるド迫力のドラム演奏、普段は聞けない裏話が飛び出るかも?しれないトークショー、
シグネイチャーモデルスティックへのこだわり、そしてドラムに対する熱い想いを語って頂きます!!
さらに質問コーナーと西田“DRAGON”竜一を堪能できるイベントとなっています!!

当日会場ではシグネイチャーモデルのスティックやオフィシャルグッズを数量限定で販売いたします!!

☆ 今回特別に西田“DRAGON”竜一 シグネイチャー スティック購入者の方限定でサイン&ツーショット撮影会に参加出来ます!!

西田“DRAGON”竜一 プロフィール

西田“DRAGON”竜一

Ra:IN / PUNISH / LOUDNESS Support

兵庫県神戸市生まれ。
15歳でドラムと出会う。
日本のロックシーンを震撼させた関西プログレッシヴ・ロック・バンドNOVELAに若干18歳で迎えられ、
KING RECORDSのネクサスレーベルよりNOVELA 4th Album 「聖域(サンクチュアリ)」で1983年2月21日レコードデビューを果たす。
山田ミネコ先生の漫画「最終戦争伝説」のイメージアルバムや自身のバンドで数枚のアルバムを製作。

1987年 東京にてプログレッシヴ・ロック・バンドVIENNAを結成。
その後KING RECORDSのプライムレーベルより2枚のスタジオ盤とライブ盤をリリース。
1989年ハードロック・バンド ACTIONに加入。
アン・ルイス個人事務所に第一アーティストとして迎えられ、多くのファンを魅了し続けた。
1997年頃より スタジオ/ライブドラマーとして始動。
2014年 TENSAWのBa.michiaki、X Japan のGt.PATA 率いる Ra:IN(ライン)に正式加入。
2017年 EARTHSHAKER の Gt.SHARAを中心にPUNISHを結成。
2018年3月より LOUDNESS で”史上最強の助っ人ドラマー”としても活動中。
現在もスタジオワーク、ライブセッション等を精力的に行っている。

AHEADカバー&チップ交換作業サービス会 同時開催!!

当日14時よりジュンジュン高野(AHEAD DRUMSTICKS Japan 代表)のAHEADカバー&チップ交換作業サービス会を行います!
AHEADスティックお持ちのお客様で当店にてカバー&チップお買上げのお客様対象です。
マイAHEADスティック持参でお越しくださいませ!!
※ 17時終了予定

◆ジュンジュン高野プロフィール

幼少期にピーター・クリス / KISSのストレートでダイナミックなドラムサウンドに影響を受け10代からドラム演奏を始める。
更にアメリカマーチングバンドの派手なスティックワークに魅了され、タイトなサウンドを追求し更なるパワーヒッターへの道を進む。
以降、キットの無限大なセッティングや改造の趣向が高じて24”のツーバスを所有するまでに至る。

アメリカ最大のスポーツメーカー・イーストン社が開発したAHEADドラムスティックの構造に惹かれ、コンタクトを取るため渡米、正式な日本の販売権を獲得後、AHEAD DRUMSTICKS JAPANの代表となり25年の販売管理活動を継続。
また、アメリカ工場の生産システムを熟知しAHEADに関する全ての知識経験を基に国内のトップアーティストとの絆も深く、様々な現場で活躍するドラマーがAHEADを信頼し使用している。
その他、様々なドラムアイテムを日本に紹介し続け、多くの著名なドラムブランドを手掛ける機才。
100回以上の渡米によりLA通。現在はPearlドラムスの契約によりクリスタルビート24”ツーバスドラマーでもある。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)